1. 評判

auひかりの評判をガチ調査!工事からプロバイダまで生々しい口コミを公開

評判
auひかりの評判

光回線を決めるとき、実際に使っているユーザーの口コミを参考にする方は意外に多いものです。

この記事では、auひかりの料金や速度、キャンペーンなど、あらゆる評判を集めてみました。
auひかりの申し込みを検討している方は是非参考にしてください。

auひかりの速度に関する評判

auひかりの速度についての評判

投稿さらた口コミの中で特に良かったのが速度に関する評判でしょう。

全体的な評判を見てみると、とくにフレッツ光からauひかりへ乗り換えを行った方で速度に関して満足している人が多い印象です。

auひかりの速度の評判は比較的良い

インターネットの速度は環境や時間帯により大きく左右されるので、一概にどこの回線が速いと言うのは難しい所です。
しかし、このように評判を見てみると、とくにフレッツ光と比較して、auひかりの方が速く使える可能性が高いと言えるでしょう。

フレッツ光とauひかりの比較でもご説明した通り、auひかりはフレッツ光と比べると技術的な観点から速度が出やすいと言われています。

また、フレッツ光は光コラボ事業者などの事業者と回線を共有しているため、光ファイバーの稼働率が上がってしまい速度が落ちる可能性があります。

光ファイバーはどこのサービスを使っていても、1本の光ファイバーを複数人で共有する点では違いが有りません。

フレッツ光にせよ、auひかりにせよ1本の回線を最大で32人のユーザーで共有しています。
しかし、この32人のユーザーはあくまで同じ地域に住んでいる32人なので、狭いエリアの中で利用者数が少なければ共有人数も少なくなります。

共有人数が少なければ、同時にインターネットを使う人も減ってくるので、1人あたりが使える速度も大きくなり、結果として回線速度が上がります。

auひかりは他の事業者と回線を共有していないので、1本の光ファイバーでの共有人数が減り、比較的速度が出やすくなります。

フレッツ光だけでなく、ソフトバンク光やドコモ光と言った光コラボ事業者も、フレッツ光と回線を共有しているため、auひかりと比べると速度が出難くなってしまいます。

このように共有人数や技術的な共有方法など、細かな違いによりauひかりは速度が上がりやすいため、評判にも大きく現れています。

auひかりはゲームに向いている?

PCゲームやスマホゲームだけでなく、Nintendo SwitchやPS4、Xbox oneなどオンラインを前提に作られたソフトが多くなってきました。
しかし、このようなオンラインゲームを快適にプレイするには、高速回線が必須と言えるでしょう。

基本的にオンラインゲームは1Mbps程度の速度があればプレイ可能といわれています。
ただ、この速度の場合、プレイ自体はできるのですが、実際はラグがひどく、まともにプレイできない可能性が高いでしょう。

操作を受け付けるのに時間がかかるため、協力プレイの場合、他の人の足を引っ張ってしまったり、対戦プレイでは、致命的なミスに繋がりかねません。

また、回線速度が遅い場合、プレイ中のラグだけでなく、ソフトのダウンロードが異常に遅くなったり、アップデートに失敗することもあります。

そのため、オンラインゲームをする場合、回線速度は最も重視する項目だと言えるでしょう。

当サイトでは、auひかりユーザー100人と光コラボユーザー100人が利用している回線の平均速度を調査してみました。

▽auひかりと光コラボの平均速度の違い
auひかりの速度比較

光コラボとは、ソフトバンク光やドコモ光など、フレッツ光の回線を利用したサービスのことです。
最大速度は同じ1Gbpsですが、実際の速度はかなり違うことが分かります。

auひかりのダウンロードは236.6Mbps、アップロードに関しては307.2Mbpsです。
一方光コラボについては、ダウンロードが152.7Mbps、アップロードは148.7Mbpsです。

このように、auひかりと光コラボでは平均速度に差が出ていることが分かります。

インターネットの速度はベストエフォートなので必ず速度がでるとは限りません。

しかし、auひかりは比較的速度が速く、オンラインゲームに向いている回線と言えるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンや申し込み時の評判

キャッシュバックキャンペーンや申し込み時の評判

申し込み時の評判については、代理店のしつこい勧誘や、案内間違い、キャッシュバックの申請の手違いなどが目立ちました。

auひかりを代理店から申し込みを行う場合、きちんと代理店を見極めないとキャンペーンについてトラブルが発生する可能性があります。

そのため、auひかりの代理店に関する評判は一番注目したい点と言えるでしょう。

代理店による勧誘やキャンペーンの評判は悪い

なぜ、auひかり申し込みの際、このような口コミが多いのでしょうか?
実はauひかりの勧誘やキャンペーンに関する評判が悪いのには理由があります。

インターネットの申し込みはプロバイダなどに申し込む以外にも、代理店経由でも出来ます。

代理店は、販売を委託されているだけの会社なので、KDDIとは全く別会社です。
そのため、中には強引な勧誘をしたり、ほとんど知識も無いのに適当で間違った案内をするなど、悪質な代理店が後を絶ちません。

このような代理店はauひかりに限ったことでは無く、NTTのフレッツ光、ソフトバンク光など大手事業者のサービスでは必ず起こりえる事です。
申し込みをする前に、きちんとした代理店であるかどうか見極める必要があります。

当サイトに寄せられた口コミにも代理店との間で起こったと見られるトラブルに関する評判がたくさん寄せられています。

とくに、以下のような案内をしてくる代理店には特に注意しましょう。

完全無料で乗り換え!

通常インターネット回線の契約は契約期間の縛りが存在し、期間中に解約すると違約金が発生してしまいます。

しかし、悪質な勧誘では、お客様の状況を何も知らない段階で「完全無料でお乗り換え!」などど案内し、 結局解約してみると違約金がかかってしまったケースが多く発生しています。

代理店の勧誘で「無料でお乗り換え!」などといわれた場合、完全には信用せず、今現在使っているプロバイダに確認をしましょう。

また、代理店によっては乗り換えサポートとして、ある程度の違約金をキャッシュバックで還元してくれる事もあるので、このような代理店がおすすめです。

今なら初期工事費は無料!

光回線の契約では、必ずと言っていいほど、初期工事費が請求されます。

例えば、auひかりの場合、戸建てタイプの工事費として37,500円がかかり、分割で支払う方式になっています。
しかし、この工事費はKDDI側のキャンペーンで割引がつくので、実質無料となります。
詳しくはauひかりの工事費をご覧ください。

また、この工事費とは別に、状況によっては別途工事費がかかる場合があります。
例えば電柱と電話の配管の位置関係で、上手く光ファイバーが引き込みできない場合、別途施工が必要となり、別料金が取られてしまいます。

他にも、土日祝日に工事を行う場合は3,000円の工事費が別途発生するなど、完全に無料になるとは限りません。

このような事例をきちんと説明せずに、ただ単に「工事費は完全無料になります!土日も無料です!」などと言ってくる代理店には注意が必要です。

f寄せられた口コミの中にも、別途施工が必要になったため、別料金が請求されたり、土日の工事を依頼して料金がかかったなど、 代理店の説明と相違した案内で不信感を持っていた評判も多数寄せられました。

異常な金額のキャッシュバックを告知されていないか

「今ならキャッシュバック10万円!」「15万円還元!」など異常な金額のキャッシュバックを告知している場合も注意が必要です。

これらはほとんどの場合、適用には厳しい条件があります。

例えば、大量のオプション申し込みが必要で月額料金が高くなってしまったり、紹介者を用意しなければならないなど、適用のハードルは高い場合がほとんどです。
条件に一致しなければ、5,000〜10,000円程度の小額キャッシュバックとなったり、キャッシュバックが全くもらえないケースも珍しくありません。

auひかりの場合、基本的にキャッシュバックの金額が高く、きちんと良心的な代理店から申し込めば30,000〜40,000円のキャッシュバックがもらえます。

詳しくはauひかりで最終的に損をするキャンペーンの例 もご覧ください。

工事前キャンセルで違約金!

基本的に光ファイバーを使ったインターネットでは工事が完了した後にキャンセルを行ってしまうと、違約金などがかかってしまいます。

しかし、逆に工事も何も行っていない状態であれば、申し込みの後でもキャンセルは無料です。

特に注意しなければならないのは、この違約金のかからない工事日以前のキャンセルに対しても、違約金を請求してくる代理店が存在することです。

代理店の勧誘や案内があった際、工事が完了していないにも関わらず、違約金がかかる旨を案内されたら要注意です。

本来違約金がかからない物に対して、違約金で設けようとしている代理店なので、このような代理店での申し込みはやめましょう。

このように、代理店の問題行動によってauひかり自体の評判が低下しているのは言うまでもありません。
KDDIも別会社とは言え販売を委託している立場なので、もう少し代理店の管理を徹底して欲しいものです。

悪質な代理店が少しでもなくなればKDDIの評判もかなり良くなるのではないでしょうか。

auひかり高額キャッシュバックのコツ では、auひかりの申し込み時におすすめの窓口をご紹介しています

KDDIの工事・設定に関する評判

auひかりの工事や設定の評判

光ファイバーの引き込み工事や開通後の設定に関する評判を集めました。 auひかりは設定が簡単で、面倒な作業が必要なといわれていますが、実際の評判はどうなのでしょうか?

工事業者に対する評判は賛否両論

auひかりの工事をしに来る人は、基本的にKDDIの人ではありません。
光ファイバーの導入工事を行う専門の会社があり、KDDIから工事の委託され、動いているだけです。

しかし、このような光ファイバーの工事を行う会社は日本全国に存在し、地域によって委託される業者が全く異なります。
いろいろな業者が工事を行っているので、中には対応が酷く失礼な業者も居れば、対応がよく親切な業者もたくさん存在します。

このようにいろいろな会社が工事業者として仕事をしているので工事に関する評判は賛否両論となってしまうのです。

また、このような導入工事を行う会社はKDDIだけではなく、NTTやSo-netのNURO光など、いろいろな事業者の工事を一手に引き受けます。

同じ地域でauひかりの工事業者の対応が悪ければ、同じ会社が他のサービスの工事も行っている可能性が高いので、 他のサービスの評判も悪くなります。

下請け工事業者である工事業者のせいでauひかりの評判が悪くなっている地域もあるので、KDDIとしてどうにかするべきでしょう。

auひかりの料金についての評判

auひかりの料金についての評判

auひかりの料金に関しては、高額だと感じている方のほうが多いようですが、その分速度は安定していると感じているユーザーもいます。

そのため、どちらを重視するのかで判断すると良いでしょう。

auひかりの料金は高い?評判だけじゃ判断できない

基本的に、auひかりの料金は他の回線と比べると特別に高い訳でもなく、安い訳でもありません。

例えば、ソフトバンク光の戸建てタイプだと月額5,200円です。

ドコモ光の場合、5,200円または5,400円かかります。
auひかりでギガ得プランで申し込んだ場合も同じく月額5,200円となります。

また、auひかりのずっとギガ得プランの場合、契約期間は3年間となりますが、月額4,900〜5,100円で利用できます。
最初から長く使う予定があるのであれば、ずっとギガ得プランにすることで他社回線よりも安く使うことが可能です。

■auひかりの料金プラン一覧
住居タイプ プラン 条件 月額料金
戸建て ずっとギガ得
(3年)
なし 5,100~
4,900円
ギガ得プラン 5,200円
標準 6,300円
マンション タイプG
(VDSL方式)
16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
タイプV
(VDSL方式)
16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
都市機構
(VDSL方式)
UR都市機構集合住宅 3,800円
都市機構G
(VDSL方式)
3,800円
タイプE
(LAN方式)
18契約以上 3,400円
8契約以上 3,700円
タイプF
(光ファイバー方式)
- 3,900円
マンションギガ
(光ファイバー方式)
- 4,050円
マンションミニギガ
(光ファイバー方式)
3階建て以下の集合住宅かつ
総戸数8戸以上のマンション
5,000円

インターネットの料金に関する評判は、人それぞれです。
以前使っていた回線と比べてしまうので、高くなった人も居れば安くなった人も居るので、 評判だけでは判断が難しい所です。

実際に安いか高いかは、他の事業者のサービスと比べてみるのが一番でしょう。

auひかりの料金は高い?月額料金と安く使えるプロバイダを詳しく解説 auひかりの料金は高い?月額料金と安く使えるプロバイダを詳しく解説 auひかりの料金について解説しています。auひかりの料金は、プロバイダや代理店による違いがありません。また、戸建てかマンションかによっても違約金が違ってくるなど、料金形態がやや複雑です。そこでこの記事では、auひかりの月額料金や工事費、スマホセット割で... 2019-08-23

auスマートバリューの恩恵は大きい!

スマートバリューの恩恵は大きい!

料金に関する評判でもっとも良かったのは、auスマホとのセット割りである、auスマートバリューです。

現在ではソフトバンクやドコモでもセット割を行っていますが、このような割引はKDDIが最初にauひかりで始めたものとなります。

そのため、他の事業者と比べても割引額が高く、よりお得に利用できるのが特徴です。

ソフトバンクやドコモとの詳細な比較についてはソフトバンク光、ドコモ光とauひかりとの比較をご覧ください。

このようにauひかりとauスマホとのセット割は割引額などが高く、他社よりお得に利用できることから、良い評判が付いています。

auひかりは提供エリアが狭い

auひかりのエリアが狭い

auひかりは比較的他の回線と比べて提供エリアが狭いと言われています。
もちろん、BBIQやピカラ光、MEGA EGGと言った地域限定サービスと比較すると全国展開を行っており提供エリアが広いと言えるでしょう。

しかし、提供を行っている都道府県であっても、すべてのエリアをカバーしている訳ではありません。
フレッツ光などと比較すると、使えない地域が極端に多くなります。

また、ソフトバンク光やドコモ光、So-net光コラボと言った、光コラボ事業者はフレッツ光の回線が使われています。
そのため、これらの光コラボと比較しても、auひかりのエリアは狭いと言えるでしょう。

別記事『auひかりマンションで申込むポイント』でも解説している通り、マンションはauひかりの提供エリアであっても契約できないこともあるため、特に注意しなければなりません。

全国的にKDDIが自社回線で提供するのは非常に難しいため、エリアによってはNTTの使われていない光ファイバーを借りることでサービス提供していることもあります。
このようなエリアではNTTがフレッツ光や光コラボの工事を優先して行うため、auひかりの工事が後回しにされてしまいます。

「auひかりの工事が遅い!」といった評判は、このようにNTTがauひかりの工事を後回しにすることから起こっていることも多いでしょう。

auひかりのエリア確認について auひかりのエリア確認方法を詳しく解説!絶対エリア外の地域が存在する? auひかりを使いたくても提供エリアに住んでいなくては意味がありません。auひかりは全国的にエリアを拡大していますが、ある特定の地域のみ基本的にエリア外になってしまいます。このページではauひかりの提供エリアとエリア確認の方法を解説します。 2019-09-03

auひかりプロバイダの評判

auひかりプロバイダの評判

auひかりでは、月額料金にプロバイダの料金も含まれているため、フレッツ光のように別途契約する必要がありません。

auひかりの契約を考えている方のなかには、どのプロバイダを利用するか迷う方も多いはずです。

では、実際にauひかりを契約した方の口コミを見てみましょう。

auひかりのプロバイダがどこが人気?

口コミを調査する中で、利用者が多いプロバイダを探してみたところ、とくに多かったのはSo-netとGMOとくとくBBの2社でした。
良い口コミが寄せられる大きな理由は、速度の安定感です。

インターネットの速度は、利用するプロバイダによって決まると言っても過言ではありません。
So-netとGMOとくとくBBは、いずれも最新技術であるIPoE方式に対応しており、速度が安定しやすいメリットがあります。

また、 So-net については独自のお得なキャンペーンで、auひかりの月額料金が毎月2,000円ほどお得になるため、知名度の高さとの相乗効果で人気が高いです。

■So-net×auひかりの月額料金ption>
住居タイプ 月額料金 割引総額
戸建て 3,780円 69,220円
(-510037800円/月)
マンション 2,480円 61,680円
(-380024800円/月~)

また、老舗のプロバイダであるBIGLOBEも利用している方が多いようですが、はじめに紹介した2社に比べると、速度に不満を感じているユーザーが多いようです。

ただし、BIGLOBEは回線は速いがサポートは悪い?の記事でも解説しているとおり、BIGLOBEもIPoE方式に対応済みであるため、お住まいの環境や時間等など、周囲の環境によっては十分使いやすいプロバイダと言えます。

auひかりはプロバイダの数が少ない?

フレッツ光であれば300社以上のプロバイダに対応しており、選択肢が非常に多い回線です。
それに比べて、auひかりの提携プロバイダは7つに限られています。

■auひかり対応プロバイダ

  • So-net
  • BIGLOBE
  • auonenet
  • @TCOM
  • ASAHIネット
  • @nifty
  • DTI

ただ、実際のインターネットの使い勝手は回線側によって違いが出てきます。
プロバイダごとの違いはあまり大きくないので、そこまで重要視する必要はないでしょう。

auひかりのプロバイダについては、別記事のauひかりプロバイダ比較をご覧ください。

auひかりのデメリットもチェック

auひかりのデメリットもチェック

auひかりには良い評判もあれば悪い評判もありますが、決定的なデメリットも存在します。

評判だけではなく、申し込み前のこのようなデメリットもきちんと把握しておきましょう。

工事に時間がかかる

すでに解説しましたが、auひかりは地域によってNTTの光ファイバーが使われています。
工事自体もNTTが行うため、NTTがauひかりの工事を後回しにしてしまうことがあります。

そのため、auひかりは申し込みから開通まで比較的時間がかかると言えるでしょう。
auひかりの開通にはおおむね1ヵ月ほど余裕をもって申し込みをおこなうことをおすすめします。

解約するときに撤去費用がかかる

戸建てタイプで申し込みをしている場合のみ、auひかりを解約する際に撤去費用が請求されることがあります。
2018年2月28日までにauひかりを申し込みしている場合、撤去費用は10,000円です。

ただ、回線撤去は任意なので、必ず請求される訳ではありません。 回線を残したままで問題なければ、撤去費用は無料です。

ただ、auひかりを2018年3月1日以降に申し込みをした場合は別です。
回線撤去は任意ではなく、強制となります。

しかも、撤去費用も値上げしており、auひかりの解約時に28,800円が請求されます。

そのため、撤去時の負担が大きくなってしまうでしょう。

その他のデメリットについては、当サイトの申し込み前に知っておくべきauひかりのデメリットまとめをご覧ください。

auひかりの評判まとめ

今回は、auひかりの評判・口コミについてまとめて解説しました。

auひかりは、NTTのフレッツ光に次いで利用者が多く、良い評判と悪い評判のいずれも非常に多いです。

ここまで紹介した口コミを見ても、実際に利用して満足している方も多いのは事実なので、ネット回線の導入・乗り換えの選択肢には充分入るでしょう。

もしauひかりのサービス内容について気になる方は、ここまででご紹介した当サイトの記事もチェックしてみてください。

ご自宅のネット回線選びの参考になりましたら幸いです。

関連記事
フレッツ光とauひかりはココが違う!速度や料金、スマホ割を徹底比較
auひかりとNTTフレッツ光には圧倒的に違う点がいくつもあります。キャンペーンや料金だけでなく、スマホとのセット割など違いは様々です。両者をきちんと比較した上で回線を選びま...
auひかりは撤去工事が必要 auひかりの工事が丸分かり!工事費やマンションの注意点も一挙公開!
auひかりを利用するには開通工事が必要です。ただ、工事の内容はマンションと戸建てで多少異なります。戸建てでは直接宅内まで光ファイバーを導入するのに対し、マンション・アパ...
auひかりとドコモ光を徹底比較 auひかりとドコモ光を徹底的に比較!速度やスマホ割の違いを全解説
auひかりはKDDI独自の設備を使っているため、NTTの設備を使った光コラボであるドコモ光とは別物と言っていいでしょう。サービス内容を比較すると、速度は同じ最大1Gbosで提供され...
光回線とスマホのセット割はお得じゃない?格安スマホと比較してみた 光回線とスマホのセット割はお得じゃない?格安スマホと比較してみた
auひかりとauスマホのセット割など、スマホと光の割引が主流になってきています。しかしこの割引にはいくつか条件があり、人によっては大して安くならない場合があります。そんな...
二重ルーターとは?デメリットや解消法を紹介 二重ルーターが原因で起きる不調かも?デメリットや確認方法を解説
二重ルーターとは、自分で用意したWi-Fiルーターを接続したことで、通信事業者のONUやホームゲートウェイと二重でルーターを接続している状況です。このページでは、二重ルーター...